【体験談】資産2000万円までに実施したこと

こんにちは。老後2000万円問題が叫ばれて久しいですが、私は社会人7年目(31歳)の時に資産2000万円まで達成したので、ここまで至った過程と工夫してきたことを共有したいと思います。

前提として、私は都内の電気メーカで働く会社員で、数年前まで資産形成についてほとんど知識はなく、月に数万円飲み代に使ったり、5万円の巨大な人形を突発的に買うなどよくわからない浪費もしていました。

そんな状態でしたが、2019年に株式投資を始めて自分の資産額を把握し、支出の最適化を行い、副業なども開始して資産2000万円を達成することができました。

資産推移と主な出来事

社会人になってから、お金に関する出来事を振り返ってみたいと思います。

  • 2014年 社会人1年目。貯金100万円達成。
  • 2015年 貯金300万円達成。
  • 2016年 貯金500万円達成。企業型確定拠出年金開始。
  • 2017年 貯金800万円達成。
  • 2018年 貯金1000万円達成。独身寮からアパートへ引っ越し。
  • 2019年 株式投資開始(日米個別株、ETF、投資信託)。支出の最適化。
  • 2020年 資産2000万円達成。副業開始(ブログ、メルカリ)
10年前のわい
10年前のわい

資産額が増えるスピードが徐々に上がってるね

2019年までは長時間労働が続いていたため、そのストレスから無駄な出費もかなりしてしまっています。ただ、2016年から2018年までは海外出張が多かったので、その出張中の日当などで自然と貯金が進みました。また、会社の独身寮で家賃を低く抑えることができたことも大きな要因だと思います。

資産1000万円までは労働収入で達成し、それ以降は株式投資と組み合わせて効率的に資産を増やすことができたと思います。

今のわい
今のわい

資産2000万円までに実践したことを紹介します

Step1 資産額の把握

資産形成の第一歩として、自分が今どれだけの資産を持っているのか把握することから始めました。

複数持っていた銀行口座を主要な2つの口座にまとめて、Moneytreeというアプリで可視化できるようにしました。

さらに、それまで忘れて放置していた企業型確定拠出年金や、海外の通貨などを整理するなどして、現時点の資産額を把握しました。

Googleスプレッドシートで細かく管理していたこともありましたが、キャッシュレスで精算することで大まかな流れはわかるので、まずはじめは大まかなお金の流れを把握できれば良いと思います。

大まかなお金の流れを把握できれば、今月はお金を使い過ぎたなと気づくことができるので、浪費を抑えることができるようになると思います。

また、会社員方は自分の退職金がどれだけもらえるかも把握しておくと良いでしょう。人事部に問い合わせれば教えてくれる会社がほとんどのようです。私の会社の場合は、ボーナス支給時にどれくらい退職金がもらえるかわかるようになっています。

また、楽天ポイントなどのポイントも立派なお金です。アプリを使ってどれくらい貯めっているか可視化できるようにしておきましょう。

ポイント

・不要な銀行口座を解約する

・キャッシュレス決済とMoneytreeでお金の流れを可視化

・確定拠出年金など放置していたお金を寄せ集める

Step2 支出の最適化

支出の最適化という概念は、私が尊敬しているブロガーであり、セミリタイヤの第一人者である穂高唯希さんのブログから知りました。

ただ単純に支出を減らせば良いと言うわけではなく、自分が心地よく生活できるような最適な支出を考えることが、支出の最適化で大切なこととなります。

例えば、10円安い卵を買うために隣町のスーパーまで行っていたら、コストパフォーマンスが悪くなってしまいます。極限まで切り詰めた生活を送るのではなく、長期間継続できるように心地よいラインを探していくことが大切になります。

家賃の安いアパートに移り住んでみたり、電気を東京電力から楽天電気などの新電力に乗り換えてみたり、スマホを格安SIMに乗り換えるなど、固定費の部分を削減していくことが大切です。

また、私の場合不要なサブスクリプションもこのタイミングで退会することとしました。

逆に食費や交際費などの変動費の部分は削ることで生活の質が下がりやすく、長期間継続することは難しくなってしまいます。

自分はどのラインの生活であればストレスを感じることなく生活することができるのか、探っていくことが大切だと思います。

ポイント

・固定費を減らすことにフォーカスする

・変動費は生活の質に大きく影響を与えるので慎重に削減する

・長期間継続できることが大切。心地よい範囲で節約する

Step3 資産運用

資産の把握、支出の最適化ができた後、資産形成のスピードを早めるために株式投資を始めました。

私の場合、まずはじめにSBI証券で口座を開設して、積立NISAで月33333円ずつ積み立てるところから始めました。

バランス型全世界株式連動型の2種類の投資信託を積立NISA枠で購入しました。ただ、今思うと全世界株式一択で良かったかと思います。

また、楽天証券で口座開設して、月5万円ずつ投資信託を購入していますが、5万円までは楽天カードから購入でき、ポイントがつくのでおすすめです。私は月3万円全世界株式、2万円国内REITを購入しています。

また、コロナショックのタイミングでVTIやVOOなどの米国ETFを安く仕込むことができました。今現在は大きく含み益が載っている状態なので、このままホールドしていきたいと考えています。

コロナショックは10年に一度の大暴落だったと思いますが、今後も株価が大きく下がったタイミングでは米国ETFを買い増ししていきたいと考えています。

QYLDやSPYDなどの高配当ETFなども取り込みつつ、堅実な投資ができれば良いと考えています。なるべく個別株は確実に行けると思ったタイミングだけ手を出すようにしたいと思っています。

また、金やFXにも手を出してみましたが、ボラティリティが大きく長期投資にはあまり向いていないように感じました。入金力を高めることを第一に考えながら、長期目線で運用していけたらいいと思います。

ポイント

・積立NISAで年40万円、非課税で積み立てを行う

・投資信託は5万円までは楽天証券で楽天カード決済するとポイントがついてお得

・FXや個別株には極力手を出さず、堅実にVOOやVTIなどインデックス投資を行う

今後の目標

今後の目標としては、まずは資産3000万円を達成してアッパーマス層入りを目指したいと思います。

そのためにも、支出を抑えるだけでなく、副業や転職を組み合わせて無理のない範囲で収入を増やしたいと思います。

特に、短期的な収入の増加を目指すのではなくトータルでの収入を増やせるように、継続して働ける環境を作っていくことも大切だと考えています。

また、今まであまり自炊をしてきませんでしたが、自炊をすることでかなり出費を抑えることができると分かったので無理のない範囲で続けていきたいと思います(外食は週に2日までなど)。

最終的には経済的な自立に近い形に持っていけたらと思っております。いつ会社を辞めても困らない状態にしておきくことで、精神的にかなり安定すると思います。

今後どのような世の中になるのか、なかなかわかりませんが自分と自分の周りの人だけは何かあった時も困らないように、資産形成を続けていきたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です