家計簿・投資実績(2020年10月)

こんにちは、isoroku(@nmh314)です。

あっという間に10月が終わりましたね。今年も残すところ2ヶ月となりました。朝方寒い日が増え、ついに暖房を使い始めました。さて、アメリカ大統領選直前になりました。株も為替も不安定な状態が続いていますね。

それでは、今月の主な社会ニュース経済ニュースを見ていきましょう。

  1. 東証ハードトラブルにより、終日取引停止(10/1)
  2. トランプ大統領、新型コロナウイルス感染(10/2)
  3. 欧州でコロナウイルス感染者増加(10月初旬)
  4. バイデン氏、息子のスキャンダル発覚(10/17)
  5. 東証マザーズ急落(10/22)
  6. 米国株、欧州株、為替の急落(10月終盤)

収入

給与所得

休職していたので、手取りで20万円弱でした。残業しないとここまで、収入少ないので収入源を増やしたいと思います。

配当所得

今月は、円換算で15000円ほど配当金所得がありました。どの銘柄もSPYDほどの減配はなかったので、一安心です。

  • XLF:$29.12
  • VTI:$71.22
  • VOO:$37.55
  • LQD:5.32

配当金収入合計:$143.21

支出

今月の支出は125898円と先月と比較して2万円ほど抑えることができました。自炊をしたことで食費を抑えることができたことが大きいと思います。

ただし、心療内科と歯科でかかる医療費が馬鹿にならないこと、一度も使用しなかったDMM英会話のサービスが自動更新されてしまっていたことが、今月の失敗点です。

支出は、特に大きな出費がない月は10万円程度に抑えたいところです。

投資

今月は売却のみです。ポジションを減らすために小松とQQQを売却しました。大統領選とコロナウイルス感染者増加で怖くて株を買うことはできなせんでした。

今月損益 +17,496円

年間損益 +244,698円

終わりに

家計簿としては無駄な出費が配当金収入を相殺してしまったので気をつけたいと思います。大統領選を控え、現金比率をあげたいところですが、米国株、欧州株の下落と為替の影響で、含み益が50万円ほど減ってしまっています。

早く大統領選挙の終結と、新型コロナウイルスが収束して上昇相場となって欲しいです。

それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です