社内ニートという選択肢について

こんにちは。私の会社では、コロナ禍でリモートワークが浸透してきました。すでに一年半近くリモートワークを続けているわけですが、リモートワークが始まり社内ニートが増えたと感じているので、私自身体験談も含め、社内ニートについて考えてみたいと思います。

社内ニート(しゃないニート)とは、労働者であるためニートではないが、仕事がないため社内でほとんど働いていない労働者のことである。就学も労働も職業訓練もしない(できない)非労働者をニートと呼ぶが、これに対し、社内ニートとは従業員としてその企業に在籍しながら、十分な仕事も与えられず、机に座って終日暇をつぶしているものをいう。オフィスニートともいう。社内におけるニート的な存在という意味で、一部のマスコミ記事などで散見される言葉であるが、一般的には浸透していない。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BE%E5%86%85%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%88

社内ニートの実態

まず初めに、私の実体験から社内ニートになると、仕事がほとんど与えられません。仕事がほとんどなくなると、1日ほぼ何もしないで時間だけが過ぎ去っていきます。オフィスで社内ニートになると、周りからの視線がかなりきついと思います。

しかし、昨今のコロナ禍でリモートワークの割合がかなり増えました。リモートワークで社内ニートになると、他人の視線も気にならず、かなり楽に過ごすことができると思います。

残業規制も厳しくなり、以前と比較して仕事が集中する人と、仕事がなくなる人の2局化が進んでいると考えられます。以前ですと、私は仕事が集中する立場でしたが、最近は仕事事態が減ってかなり自由な時間を過ごすことが多くなり、社内ニート気味になっています。

在宅で社内ニートになると、基本的に何をやっていても許されてしまします。将来的には成長できずに困ることとなると思いますが、テレビをみていようが、本を読んでいようが、何なら飲食をしていても遊んでいても最低限の仕事をしていれば、咎められることがなくなりました。

コロナが治るまではなかなか厳しいものがあるので、しばらくは今の状態今のような状態が続くと考えています。

社内ニートからの脱却について

ただ、いつまでも今の状態で入れ得るわけではありません。「一生潰れない会社に所属している」、「いつでも転職が可能である」、「フリーランスで自力で稼ぐ能力がある」という3つのうちいずれの状態でない限りは、いつかは食いっぱぐれてしまいます。

今、私が所属している部署では仕事が激減しています。過去、私が新入社員であったころ、同じようにほとんど仕事を与えられることがなく、1日の仕事が資料の印刷のみだったことがあります。入社一年目でこれから頑張ろうと考えていたときに、モチベーションが下がってしまっていたことを覚えています。

ただ、前回は炎上したプロジェクトにアサインされたことにより、仕事が増えて、重要な仕事も任せていただけるようになりました。定期的に社内ニートになることはあることだと思います。社内ニートになった時に腐らずに、長期目線でできることを続けていけることが大切であると思います。

そのためには、地道にスキルを身につけていくことが大切であると考えます。チャンスがあったときに、飛び込んでいける状況を作っていくことが社内ニートから脱却していくために大切なことであると思います。

まとめ

今回は、現状私が社内ニート状態になっている件について、過去の経験も踏まえて今後の立ち振りまいについて考えてみました。人生はマラソンみたいなものだと思います。

全力で頑張ることも大切ですが、たまには息を抜いて、言われた仕事のみ対応していくことも長期的には大切ではないかと感じました。

まとまりのない文章となってしましましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です