家計簿・投資実績(2020年11月)

こんにちは、isoroku(@nmh314)です。

11月も終わり東京もかなり寒くなってきました。今年も残すところ1ヶ月です。今年一年はコロナ禍の影響もあり、世の中の仕組みが大きく変わりました。

さて、アメリカ大統領選挙も大方終わり、コロナウイルスのワクチンも開発され始め11月は全体的に相場が上昇してきました。今月起きた経済ニュース、社会ニュースを簡単に振り返って見たいと思います。

  1. アメリカ大統領選挙(11/3)
  2. ファイザー、コロナウイルスワクチン開発
  3. モデルナ、コロナウイルスワクチン開発
  4. アストラゼネカ、コロナウイルスワクチン開発
  5. 日経平均30年ぶり最高値を更新(11/24)
  6. NYダウ3万ドル突破(11/25)
  7. 世界中でコロナウイルス感染者数増加

収入

給与所得

復職したので、少し給与所得が増えましたが、去年と比較するとかなり見劣りします。去年は80〜100時間分の残業があったのでそれと比べたら給料は半分になります。ただ、勤務制限付きで仕事をすることでだいぶ人間らしい生活ができています。

配当所得

  • AT&T $0.4
  • LQD $5.11
  • BTI $0.58

合計$5.72

今月は配当金をもらえる銘柄が少なかったので、一食分ほどの配当金のみです。

支出

支出を見てみると、先月よりも3万円ほど出費が増えました。部屋の環境を整えるために、寝具や絨毯、テーブルなどを購入したため、雑費の部分が増えています。あとは心療内科と歯科の医療費が先月同様かかっています。

食費に関しては先月よりも1万円近く節約することができました。完全に自炊することでかなり安く抑えられているので、このまま継続したいと思います。

投資

アメリカ大統領選挙が一服して、相場が上昇モードになってきました。買いたい銘柄がいくつかありましたが、押し目がなくてなかなか買うことができず今月も売却のみです。

月間損益:+82269円

年間損益:+328076円

終わりに

アメリカ大統領選挙もひと段落し、有効なコロナウイルスワクチンの開発も進んだということで相場が上向きになってきました。早ければ12月中に3つのうちどれかは承認されて配布が始まる可能性が高まってきました。

コロナウイルスに振り回されるのはもうこりごりなので、はやく有効なワクチンが承認されて、世界がまた元のように戻ることを祈っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です